オ ナ ガ ガ モ
名前の通り、尾がピンと長く伸びている。特にオスの尾は目立つ。
くちばしは長くて、黄色い部分がないので、カルガモやマガモなどと区別がつきやすい。写真で首からほほの後ろにかけて白くなっているのがオスで、後ろにいる全体的に茶色なのがメスである。
大池には、わりと多く見られるようである。
秋になると渡ってきて、春になると帰っていく冬の渡り鳥である。
向山大池にもどる